こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

金融資産に関する裁定取引

5年後に100円となる割引債が現在75円で取引されている。この時、金利は8%(一定)である。この場合、裁定取引は生じるか。
また裁定取引が生じる場合、どのような取引が生じ、需給はどのように変化するか。

この問題がわからず困っています。
わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2016-10-26 00:45:17

QNo.9247636

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

その割引債の利回りは約5.92%(=(100/75)^(1/5)-1)ですので、裁定取引が生じるでしょう。
やり方としては、その割引債を1単位売る(空売り)とします。
それで手にした75円で(金利8%の何らか)金融商品を購入(あるいは預け入れ)します。
5年後、その金融商品から110.20円(=75円×1.08^5)円のキャッシュフローがあります。
そのうちの100円で空売りした割引債を買い戻し、手仕舞います。
結局、残った10.20円が5年後の儲けとなります。

あるいは空売りして手にした75円のうち68.06円で(金利8%の何らか)金融商品を購入(あるいは預け入れ)します。
その時点で、75円と68.06円の差額6.94円の儲けが発生します。
5年後、その金融商品から100円(=68.06円×1.08^5)円のキャッシュフローがあります。
その100円で空売りした割引債を買い戻し、手仕舞います。

そのような裁定の機会があれば誰でも参加しますので、割引債の空売り需要が増え、価格が下がり(利回りが上がり)ます。
一方、8%の金利には下方への圧力が働き、直に割引債の利回りと金利は一致して裁定の機会は消滅します。

投稿日時 - 2016-10-26 19:25:42

あなたにオススメの質問