こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

国債がバブル状況ですが、、、、

日本の国債の金利がどんどんと下げているようです。
日銀総裁は、これはマイナス金利導入の成果だと言っているようです。
国債の金利がこれだけ下がるという事は、国債がバブル状況だという事ですね。
これは、物価2パーセント、円安、景気回復に対しどのように作用するのですか。
これは、株高を示唆しているのですか。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2016-06-17 14:41:29

QNo.9188861

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

物価は下がります。
基本的に物価を年2%上げるには長期債券利回りを年2%以上にする必要があります。が、日本の状況として年2%も政府は負担出来ない為金利引き下げをしています。
本来金利を引き下げると銀行は国債より企業融資に資金を融資するのが基本的な動きです。が、日本の銀行はBIS規制によりリスクを取らなくなりました(元々100%の担保を要求してプライムで貸す「質屋営業」しかしていないので土地暴落によるロスを埋めきれていない)。リスクを取って無担保融資をそれなりな金利でやれば企業も回るのに…。

投稿日時 - 2016-07-08 13:43:44

ANo.2

国債がバブル状況ですが

★回答 バブルじゃないです

日銀(政府の子会社とおもえばOK)が 国債(財務省 政府)のを市場で買い取ってるだけ
借金 損得なしチャラよ

<量的質的金融緩和> その作用とは
マネタリーベースが、年間約60~70兆円に相当するペースで増加するように
金融市場で取引して
インフレを誘導することです
円の相対的価値が下がる お金は数字の単位でしかない

それによりデフレから脱出して 相対的に資産価格の上昇をめざしているだけ
日本は長期デフレで資産価格が半分よ
当然 不動産 株 GDP 賃金 その他すべて日本円で換算して値上がりするのが
正しいインフレ経済となる

ここ↓【日銀 岩田副総裁の解説を参考にする】
インフレ目標2%は何のため?
http://okwave.jp/qa/q8852359.html

ここ見りゃいいでしょう ベストアンサー

このへん↓から入って 自己学習 
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/ko130828a.htm/
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/ko131018a.htm/
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/index.htm/


★ざっくり背景を分析回答すれば 以下となる (政府は公的には言わない分析)

インフレ経済は経済回復の最低条件だ
デフレで 資産価格が下がるなら
現金(政府の発行した数字の書いた紙にすぎない)を持っているだけでよい 増えなくてもOKよ
当然不景気 雇用はない 現金もって寝てる奴がお得になるだけ
相対的に外貨 付加価値を稼ぐ民間人間より 
集めた税金予算から配布される お給料の 高級官僚がお得になるのがデフレ経済よ
それで20年デフレ 国債でさやとりが お得だっただけのことだ 楽してもうけたぜ
国民の預金でさやとり 国債で楽チンもうけ
とうぜん銀行は護送船団方式で財務省の管理下となるわけ

今は銀行屋 債券屋がしめつけられる悲しいぜ


それで20年デフレで株屋は悲惨 
電子機械工業立国日本は実力より低迷した
年金資金は利回り低下で出るのが不思議よ
消費税で社会社会保障費が出るとか 嘘をこいてる財務省公務員


▲経済成長は資産価格の上昇率でおおむね決まる
国力 一般庶民の暮らしも 長期では比例してしまう
よって近頃はファイナンスページで見れる先進国各国の長期成績のとうり

長期経済の成績=国民の長期平均の愚か度
日経平均255  1989年12月25日 基準点でみる (1989年12月大納会 38915円最高値)
統合チャート(日本 イギリス アメリカ ドイツ)
以下URL ブラウザーで確認可能
http://finance.yahoo.com/charts?s=^N225#symbol=^n225;range=19890731,20140802;compare=^dji+^ftse+^gdaxi;indicator=dividend+ud+volume;charttype=area;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=off;source=undefined

日本は半分 他国は5倍 英国は緊縮財政で成績悪い 
ドイツはギリシャを踏み台にしてユーロ安でもうけた守銭奴
ドイツがすごいは嘘よ キマンダー Qセル も倒産 ワーゲンも不正ディーゼルエンジン
緊縮財政 守銭奴です

日本は  経済金融まぬけ→財務省と日銀 財政学者 財政学会 に多い傾向
      年金 社会保障 が 消費税で出るわけねー まぬけ
   安倍が日銀は入れ替え成功した まぬけは消えた
   今は黒田 岩田 です 白川時代の残りはわずか
   財務省はまだ 放置
http://jp.reuters.com/news/bank-of-japan
確認↑ここ

★バブルとは 定義があいまい
はじけなければバブルとは言わん ええかげん マスコミがすきなお言葉

日本の不況の元凶 バブルとは以下よ
http://okwave.jp/qa/q8536491.html
景気が良過ぎるとどう悪いのですか?
http://okwave.jp/qa/q8872501.html

・・・・・・・・回答解説・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2016-06-18 14:09:09

ANo.1

 国債が暴落すれば、国債を売って株を買うか、不動産を買う方向に移行するでしょうが、日銀が考えている通りに物事は進みませんよ。国債も株価も両方下がって、円高だけが進んでいるのが実情のようで、下手をすると金融破綻を起こして、デフレ不況に逆戻りではないでしょうか。

 80年代バブル期を経験した者から言うと、当時は不動産投資が凄かったですし、賃金上昇も大きくて、住宅投資が活発におこなわれていた頃でした。2階建ての大型住宅建設が多かったですね。

 それと並行して、大型家電や大型家具の需要も多くなり、大型テレビが売れ始めた時期でもありました。当時、家を建てた人達が、現在も大型テレビなどの大型家電を買い続けているのが実情だと思います。

 それに比べると、今の状況はバブル時代とは似てないですね。住宅建設が少ないですし、大型家電や大型家具が売れているようでもないですし、話題に上るのはリホームばかりです。リホーム需要では家電や家具は売れないでしょうね。

 バブル時代の話をすると笑う人が多いでしょうが、11LDKとか、8LLDKとか、4階建ての木造住宅とか、常識外れの住宅建設が本気で議論されていた時代です。2000mの超高層ビルとか、アラブの富豪でもない限りは建てられないようなビル建設も計画されていました。

 実際、8LDKの住宅に住んでいる人が大勢いるのだったら、4Kテレビが飛ぶように売れていたでしょうが、バブル当時の政府は何かと後ろ向きで、建築制限緩和をおこなおうとしないままバブル崩壊に至り、長期不況に繋がりました。

 今でもバブル当時と同じで、4LDK~6LDKぐらいの家しかないのが現状で、8LDKや11LDKの住宅なんて夢のまた夢です。

 一般住宅容積を2倍にするだけでも、これだけ障壁が多い日本が、バブル期に無駄遣いばかりで終わったのは、法制度の不備が原因だったのでしょうね。

 今のように、少子化、インターネット社会、携帯機器などが社会を大きく変えている時代では、大型住宅を求める人も減っているように思えます。

 景気回復は難しいと思いますね。

投稿日時 - 2016-06-17 16:46:43

あなたにオススメの質問