こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

消費税や売上税は隠れ「関税」ではありませんか。

消費税や売上税は事実上の隠れ「関税」ではありませんか。

消費税や売上税の複雑性は、「貿易」で極端に現れます。

輸出企業の膨大な消費税還付。

海外での買い物の消費税還付。

フィンランドなどの高率消費税高福祉国家が、実は、ノキアなどの税制を利用した世界支配によって実現されているという話もあります。

世界大戦が過去に「ダンピング」や「関税」競争で利己主義国家の争点になったという反省で、

現在は、「売上税」や「消費税」などといった全く異なる概念で税金が徴収されています。

しかし、輸出・輸入に関する国家的損得という観点では、何もかわらないのではないかと思うようになりました。

いろいろ議論はあるでしょうが、この質問の一点に限って、消費税と関税を解説していただけませんか。

税制度は、素人です。わかりやすい解説をお願いします。

投稿日時 - 2016-06-09 20:59:59

QNo.9185237

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

付加価値税や消費税が関税の代わりという話は聞いたことがありません。

消費税は輸入、国産かかわらずほとんどの消費にかかりますので
輸入にのみかかる関税とは影響が違います。
とくに国内産業の保護と言う目的では、消費税は関税の代わりにはなりえません。

財政面から言えば、関税を廃止しかわりに消費税をかけて
税収を確保と言う考え方もありますが、国産品にもかかりますので、
国際間の貿易問題とはちょっと趣が違ってきます。

海外に持ち帰る場合や輸出品には消費税がかからず、
すでに支払った消費税は還付されますが
輸入にかかる関税とは意味が全然違います。

投稿日時 - 2016-06-12 01:23:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

「税制度は、素人です。わかりやすい解説をお願いします。」
私も素人ですので、隠れ「関税」云々はわかりません。
ただ、税金は輸出先の国の法律に従うので、消費税を取ることができません。
そこで、その仕入れに掛かる消費税分を国が還付するというだけのことです。

投稿日時 - 2016-06-09 21:39:49

あなたにオススメの質問