こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

誠意のない保険会社と加害者。もう告訴しかない?

横断歩道を自転車で横断時に車が突っ込んできて全治1週間程度のケガをしました。
相手の100%の過失です。すぐに病院で診断してもらい、目撃者もおり、警察にも
申告してあります。
その後、自転車に乗るのが怖くなり自転車に乗ることなく不自由な生活をしています。

相手は私が悪いと主張し、もちろん謝罪もありませんでした。
保険会社も自転車屋さんと話したこともないのに、「自転車屋さんは修理の必要が
ないと言っていた」などの嘘をついて自転車の修理もしてもらえず、自転車にも
乗れず自費で電車に乗って通勤していた分も払ってもらえず半年も連絡が来なかっ
たりしている状況です。
しかし、今年に入って示談に応じてくれるようにとの催促の手紙が入るようになり、
今週は最後のお願いとの手紙がありました。
(最後のお願いを聞かないとどうなるのでしょうか?)
私としては、
・こういう小さな事故も扱ってくれるのか心配ですが、無料の交通事故相談センターに
相談する
・可能であればですが実費でかかった分だけもらい、告訴するか、費用は全てあきら
めて告訴する
等を考えています。
この場合、1年半前の事故でも告訴可能でしょうか?軽度の人身事故だから罰金12
万円ですよね。

被害者も全く反省していないし、保険会社も誠意のない対応が続いており何とかして
両者を懲らしめたい気持ちがあります。
何か他によい方法があればご教授ください。

投稿日時 - 2012-06-13 15:19:49

QNo.7531079

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

お見舞い申し上げます。

示談交渉の最後のお願いの件ですが、、、、
私の間違いではなければ、示談時効は事故から2年までだったような。。。。
すいません、うろ覚えで、、、

先の回答にもありましたが、ご自分か家族に損害保険に入っていませんか?
相談くらいは出来るかもしれませんが、、、1年半たっているのはマイナスかもしれませんね。
そこに「弁護士特約」が付いていれば相談できますよ。家族誰でもOKです。

でも、相手の保険会社の対応は正当だと思いますよ。
相手の保険会社ですから、こちらから行動を起こさない限りは何もしません。
人身事故扱いになっているなら、治療が終了した時点であなたが相手の保険会社に連絡して病院への交通費、休業損害、慰謝料等が示談してから一括して支払われることになります。


自転車の修理請求などは「少額訴訟」等が起こせると思いますが、(ただし1年半過ぎたらどうかは相談してくださいね。)


怒りに任せて示談をしないと何も相手からは出ません。
もう事故前には戻りません。腹は立つでしょうが、相手の謝罪がないなら謝罪としてお金に換えるしかありません。そう考えるしかありません。
どうしても納得がいかないなら、詳細はわかりませんが、専門家に相談されることをお勧めします。
各市町村で無料相談もあります。弁護士、司法書士、行政書士の無料相談も各事務所などであるので、ネットでも調べてみましょう。

投稿日時 - 2012-07-25 12:26:29

ANo.9

すでに、自動車運転過失傷害罪で相手方の処分は終わっていますので、告訴はできませんね。

民事訴訟するということでしょうか?
全治一週間で損害額はどの程度?
訴訟起すのもタダではできませんよ。

おそらく自賠責の120マンで足りる程度での損害でしょ?
保険会社は訴えられても痛くも痒くもない状況ですね。

>自転車にも乗れず自費で電車に乗って通勤していた分
これは出ませんよ。
通勤にかかる費用は会社に出してもらって下さい。
会社が通勤手当を出さないところであれば、どこからも出ません。

投稿日時 - 2012-06-14 08:22:36

ANo.8

裁判の前に
弁護士を通して相手の方又は、保険会社に話をしてもらうのがよいと思います。
それで解決せずに、本人が希望すれば裁判ですね。

しかし
「横断歩道を自転車で横断時に車が突っ込んできて」とありますが、
この状況では悪いのはどちらかというと自転車側です

横断歩道は歩行者のためのものであり、自転車は通行できません。
現実には横断歩道上を走る自転車がたくさんいますが、これは違反であり
厳密には、警察に捕まってもおかしくないのですが、
よいか悪いかは別にして
日本では自転車に対しては積極的な取締りはされていません。

横断歩道の横に自転車用の通路があっても、
これは自転車が通行してもよい
だけで
自転車優先という意味ではありません。
横断歩道上で優先権があるのは歩行者だけです。
自転車で渡りたい場合は自転車を降りて押してあるかなければいけません。

投稿日時 - 2012-06-14 00:15:34

ANo.7

あなたやご家族の中に自動車保険(任意保険)に加入されている方はいませんでしょうかね。
加入されていれば、家族の交通事故の示談サービスや弁護士特約の利用などが可能かもしれません。そのほかの特約でも保証があるかもしれません。
保険の内容などは加入者と保険会社の間のことですのでわかりませんが、活用できるものは活用しましょう。

ご自身などの保険を利用すれば、過失割合の相手部分については保険会社が請求したりする可能性もあるため、素人への対応よりしっかりとした対応が受けられるかもしれませんからね。

告訴はわかりませんが、損害賠償請求の申し立ては可能でしょう。ただ、その場合には立証責任も生じますので、裁判所などが納得できるだけの証拠(故障に対するもの・治療費に対するもの・慰謝料など)をそろえなければなりませんし、相手も弁護士を立てることとなりますので、反論に対する対応も考える必要があります。そうなれば、専門家が必要ではないですかね。

そもそも過失割合は、過去の判例などをもとに当事者双方が決めるものです。保険会社が介入する場合には契約者の代理で保険会社が行うため、あなたが弁護士へ委任したり、保険利用しなければ、あなたが交渉することとなります。

最後のお願いということは、もしかしたら裁判になるかもしれません。あなたから根拠のある請求もなく、相手側は過失や賠償するものがないことを確認する裁判です。裁判となりあなたやあなたの代理人である弁護士が出廷しなければ、相手の都合のよい判決を取られ、請求できなくなる可能性もあります。

相手の状況を見通すことは難しく、可能なのは交通事故事件を多くこなしている弁護士であれば推測は可能かもしれません。損害賠償関係の訴訟をどちらから起こすことになるのがよいのか、などを含め相談されるほうがよいでしょうね。

投稿日時 - 2012-06-13 17:24:49

ANo.6

全治一週間と自転車の破損のことなので、客観的に見て高額を請求しても裁判費用が嵩むだけで赤字でしょう。
全治一週間と自転車の破損なら補償は数万円程度しか認められないでしょうから、示談金の提示額がそれ以下ならば少額訴訟しては如何でしょうか。費用も安く結論も早いです。

事故が原因で自転車から電車通勤に変更した事を証明できますか?
事実の証明は訴訟する側が行う必要があります。
証明できるなら電車賃も請求額に上乗せして訴訟してみるのも手です。

それから交通事故で相手の運転手を裁く事と、被害を請求する事は別件です。

事故を警察に届けたあと、後日現場検証と事情聴取を行っていますか?
行っていれば人身事故扱いになっているはずなので、あなたからの訴訟の有無に関係なく相手の運転手は既に行政処分されているでしょう。
全治一週間の事故なので、前歴がなければ恐らく減点と罰金だけで解決済みだと思われます。

事故が起きたその場で警察官が話を聞いただけで終わったなら、物損扱いになっていると思います。
その場合、自転車の補償だけになる(今となっては事故で怪我をしたことの証明が困難)ので、示談した方がマシかもしれません。

また自転車は軽車両なので、双方が動いていた場合は片方の過失が100%にならないはずです。
保険会社も示談を受けなければ裁判する気配なので、少なくとも運転手の100%過失にはならない算段があるのでしょう。
その点も考慮して訴訟か示談か考えて下さい。

投稿日時 - 2012-06-13 16:55:04

ANo.5

どんなに良心的な弁護士を見つけ出す事ができたとしても、25万円はかかるし、平日に3日くらい潰して裁判に行くことになると思います。

全治1週間程度のケガの治療費+自転車代金が30万円以上でないと、赤字になると思う。

肝心な相手側の保険屋から「示談内容」が分からないので、なんとも言えませんが、多少不満はあっても、ある程度の内容なら示談に応じたほうが、スッキリする気がしますけど・・・・。


>最後のお願いを聞かないとどうなるのでしょうか?

示談決裂となり、後は裁判で解決しましょうって事でしょう。

当然保険屋は弁護士を立ててきますから、素人が弁護士なしでは太刀打ちできないと思うので、この時点で25万円くらいの弁護士費用を工面するか、勝利は諦めて弁護士を付けず、あたなに不利な判決を受け入れるかしかなくなるのでは。

やっぱり示談内容次第でしょうけど、自転車と車の事故で、あなたが-になるような示談額の提示はないでしょうから、少しでも+になるなら示談は選択できないのでしょうか?


お金の問題ではなく、正義の問題だとのお考えの場合は裁判でどうぞ、ただ、相手に金銭的補償を要求する事はできるでしょうけど、謝罪や反省した態度を求めることは難しいらしいですよ、あくまでもお金での解決しかないです。

投稿日時 - 2012-06-13 16:10:05

ANo.4

 程度が分からないので何とも言えないですが、示談に応じるのが得策です。

 ・「自転車の修理費」
 ・「交通費の一部」
 ・「慰謝料」

 あたりが妥当だと思います。
 あまりふっかけると不利になりますから、妥当な金額で折り合うのが良いかと。

 裁判にした場合は、相手も優秀な弁護士を雇うでしょうから、金銭的・精神的にしんどい思いをすると思います(仮に勝ったとしても、弁護士費用で赤字かと)。

投稿日時 - 2012-06-13 15:50:21

ANo.3

懲らしめるなどとの発想が見当はずれ

裁判を起こすのも良いですが、弁護士を喜ばすだけです
全治1週間では 幾らにもなりません、
裁判で勝っても全額弁護士へ、それでも不足する可能性もあります
弁護士が報酬が望めないと思えば断わることでしょう

弁護士無しに保険会社を相手に裁判しても勝ち目はありません

質問者は、この質問で肝心なことをぼかしていますね

全治1週間の人身事故なら 人身事故の前歴が無ければ、不起訴か基礎猶予でしょう
どんなことがあっても、懲らしめるとか、報復するなどと考えないことです
そんなことをすれば、質問者が刑務所行きです

投稿日時 - 2012-06-13 15:49:22

ANo.2

普通なら1年半もかからずに

遅くても2~3ヶ月で解決する事故だとおもいます。


あまりにも加害者&保険会社の対応が遅いので

裁判にした方がいいと思います。


まぁ、裁判費用はあきらめるとしても

1年半の精神的苦痛や交通費・医療費等含めて

請求して裁判にした方がいいです。

投稿日時 - 2012-06-13 15:42:41

ANo.1

っていうか、そういう時こそ裁判じゃないですか?
両社納得して示談するならそれでOK、どっちが一方が不服なら裁判で決着をつけると。
あなた、納得いかず不服なら全部請求してみてはどうですか?
それでだめなら裁判でいいじゃないですか、実に簡単な問題だと思います。

>何か他によい方法があればご教授ください。

無いですね。

投稿日時 - 2012-06-13 15:26:56

あなたにオススメの質問