こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

FP資格の取得手順について

FP資格を取得しようと思い、ネット等で調べているのですが、よく仕組みが分かりません。

 とりあえず、AFPを目指したいのですが、その前に3級と2級のファイナンシャル・プランニング技能士資格を取得しておきたいと考えています。

 ところが、この3級と2級にも試験実施団体の違う2つの資格があります。

 「金財」と「日本FP協会」の2つなんですが、学科試験は共通で、実技試験は以下の通り、問題内容に違いがあるようです。
 
 「金財」の学科試験     → 個人資産業務相談対応
 「日本FP協会」の学科試験 → 資産設計業務提案業務対応

 最短最速でAFPを取得するプロセスとして、「金財」と「日本FP協会」それぞれの3級、2級を取得するのは、手間がかかるような気がしています。

 3~2級の取得を経由してAFPを取得する場合「金財」と「日本FP協会」のどちらの3~2級を選べばよいのでしょうか?
 それとも、両方取得すべきでしょうか?(そもそも同時に取得は可能でしょうか?試験日程が同日の同時間帯なら不可能だと思うのですが、どうなんでしょうか?)
 
 両者のメリット・デメリットがよくわかりません。

 詳しい方、何卒お教えください。

投稿日時 - 2011-09-19 17:53:08

QNo.7021382

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

2級FP試験はAFP試験を兼ねています。
またAFPを取るには試験で合格とAFP認定研修(前でも後でもいい)を修めなければなりません。
よってまず2級FPを取ることを目指しましょう。

2級FP受験資格は以下の3つです。
1.3級FPの合格者
2.FP業務2年以上の経験者
3.AFP認定研修の修了者(認定学校で最低履修単位:各課目合計68単位以上)

どれを選ぶかは自分で考えてください。


3級FPの合格率は日本FPの方が高いです。
まあこれは金財が会社研修で受けてる人が多いからかもしれません。

・金財『個人資産相談業務』 (5月72.96%、1月35.42%)
テキストが豊富だったので個人は大抵こちらを選んできました。
     
・金財『保険顧客資産相談業務』 (5月60.04%、1月48.21%)
保険業界の人はこちらを選んできました。

・日本FP協会『資産設計提携業務』 (5月98.42%、1月97.93%)
過去2回は合格率は高かったです。揺り戻しがあるかどうかはわかりません。


日本FPの方が実技の合格率が高いですが学科でも高いので
受験者の実力が高いだけかもしれません(学科は金財、日本FPどちらも同じ問題)。
学科試験・5月・・・・・・・1月
金財・・・・・71.80%・・・・・71.68%
日本FP・・・84.45%・・・・・83.57%


級FPは国家資格、更新なし、維持費なし。
AFPは民間資格・国際資格、更新あり(2年で15単位 1回3単位980(ネット880)円)、維持費あり(年会費12,000円)、入会金10,000円、更新があるので信頼感あり。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/learn/files/chart.pdf

投稿日時 - 2011-09-19 20:43:55

補足

詳細な説明ありがとうございます。

 不動産屋に就職してしまったので、FPではなく住宅ローンアドバイザーなる資格があるよう
 ですので、そちらを先にチャレンジします。

投稿日時 - 2011-12-07 23:56:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 本屋へ行って、受験テキスト本を開けば、一通りの説明がしてあるからね。

投稿日時 - 2011-09-19 18:26:49

補足

離島で本屋が無いので質問しました。環境に恵まれた方がうらやましいです。

投稿日時 - 2011-12-07 23:58:01

あなたにオススメの質問